SRG 三陸運送株式会社

会社情報

  • 社長挨拶
  • 本社
  • 東扇島
  • インタビュー1
  • インタビュー2
  • インタビュー3
乗務員一筋31年。姉御の毎日はとっても充実しています。

 LPGタンクローリーの乗務員として、2017年10月に入社。19歳で運送の世界に飛び込んだC.Kさんは、乗務員歴31年の大ベテラン。三陸運送では、持ち前の明るさを生かしてムードメーカーとして皆から姐御とか姐さんと呼ばれて親しまれています。(社長曰く:会社が明るくなった、とか。)

●子供の頃からのあこがれ

 子供の頃、夜の高速道路で大型トラックの集団を目撃し「自分もあの中に入って運転したい。」それがこの世界に入る動機になりました。

●19歳からドライバー一筋

 高校を卒業後、幼い頃からの夢だった乗務員さんとして運送会社に就職。約17年間、箱車に乗り、一般貨物の配送をしました。35歳の時、念願の大型免許を取得しましたが、一般貨物は大変でした。全て手積み作業だったので、小柄な私は膝・腰等、色々なところを痛めてしまったのです。

●身体に優しいLPGタンクローリー

 そんな時でした、足腰に負担のかからない、LPGタンクローリーの仕事に出会ったのは。以来14年間LPGタンクローリーに乗務しています。

●三陸運送入社のきっかけは

以前同じ会社で一緒だった同僚が三陸運送で働いていて、その人達に誘って頂きました。三陸運送のことは以前から知っていました。まだトレーラー車が全盛の頃、「SRGマーク」のトレーラーが積み場に並んでいる姿が格好良かったのを今でも覚えています(乗務員さんは全員、格好良いおじさん達でした(笑))。なので、まさか自分が「SRGマーク」のタンクローリーに乗ることになるなんて思ってもいませんでした。

●姉御と呼ばれて

 私は、同僚から姉御とか姐さんとか呼ばれています。別に悩み相談なんてやってる訳じゃ無いんですけど、なぜかみんなそう呼ぶんです。(年下が圧倒的に多いからかな(笑))。とにかく、毎日楽しくやってます。